病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 22 48 51 78 161 173 325 587 534 173
幅広い年齢層の方の入院に対応しています。最も多い年齢層は、70~79歳でした。
また、0~9歳の年齢層も22人の患者様が入院されていました。これは主に小児の整形外科領域における実績を表しています。

診断群分類別患者数等

※診療科別患者数上位5位まで

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 109 2.17 2.67 0.00% 70.5
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 23 4.83 4.96 0.00% 68.57
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 15 9.47 5.42 0.00% 49.47
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 10 8.6 8.95 0.00% 67.80
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 10 8.1 7.75 0.00% 64.2
大腸ポリープ(切除)の入院が最も多い結果となりました。続いて多いのが、順に鼠径ヘルニア、急性胃腸炎(ウイルス性腸炎)となっています。
そのほか、外科では消化器領域の悪性腫瘍に対する治療や虫垂炎の治療などを行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿骨近位部の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 97 44.69 26.30 43.30% 79.48
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 85 5.66 5.68 0.00% 56.12
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 47 4.98 6.07 0.00% 48.19
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 47 22.06 19.61 17.02% 78.23
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 27 5.7 9.49 0.00% 45.33
四肢の骨折治療および専門的な手外科領域の疾患に対応していますが、中でも大腿骨骨折(人工骨頭手術など)に伴う入院が最も多い結果となりました。
また、大腿骨骨折手術後の回復期リハビリテーション病院への転院体制も充実しています。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 52 2.17 2.67 0.00% 67.85
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 32 7.06 5.42 6.25% 58.50
100380xxxxxxxx 体液量減少症 30 26.30 9.12 3.33% 83.60
0400801499×003 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア3 30 22.50 17.02 6.67% 82.07
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 23 21.74 20.92 13.04% 86.00
外科同様、大腸ポリープ切除での入院が多い結果となりました。また、急性胃腸炎や高齢の方の脱水症、肺炎での入院にも数多く対応しています。

脳外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 66 3.70 5.10 0.00% 68.82
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 47 19.94 16.18 29.79% 71.21
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 21 13.67 9.69 14.29% 75.05
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 6.85 7.35 5.00% 65.25
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破を伴う場合の手術(神経内視鏡手術によるもの)等 処置2なし 定義副傷病なし 14 29.14 20.18 14.29% 82.43
めまいによる緊急入院が最も多い結果となりました。急性期の脳梗塞も多く診療しており、急性期治療終了後の回復期リハビリテーション病院への転院体制も充実しています。
また、慢性硬膜下血腫や水頭症、てんかんなどの治療にも対応しています。

初発の5大がんのUICC病期分類別ならびに再発患者数

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃がん 3 1 5 5 4 1 7
大腸がん 2 6 7 3 5 18 1 7
乳がん 2 4 2 3 1 7
肺がん 1 7
肝がん 9 4 13 1 7

※ 1:UICC TNM分類 2:がん取扱い規約

大腸がんに対する化学療法のほか、胃・肝臓・膵臓などの消化器がんに対する化学療法(抗がん剤治療)も積極的に実施しています。
10件未満の数値については、規定により「–」(ハイフン)で表記しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症
中等症 13 12.77 76.85
重症 52 21.69 78.98
超重症
不明
10件未満の数値については、規定により「–」(ハイフン)で表記しています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 107 30.53 74.14 35.51%
その他
10件未満の数値については、規定により「–」(ハイフン)で表記しています。

診療科別主要手術別患者数等

診療科別患者数上位5位まで

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 114 0.3 1.19 0.00% 70.54
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 0.95 2.81 0.00% 70.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 6.86 7.71 0.00% 64.50
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない)
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
外科、内科の医師が内視鏡を担当しており、それぞれの診療科で多くの内視鏡手術を実施しています。
外科では、ポリープ切除のほか、鼠径ヘルニア手術や腹腔鏡を使用した手術なども実施しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 110 2.14 7.79 0.91% 60.14
K0461 骨折観血的手術(大腿、上腕) 78 5.51 28.19 29.49% 73.76
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 67 1.03 1.24 0.00% 57.39
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 47 7.81 38.02 44.68% 79.98
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、足) 37 1.7 5.46 0.00% 51.86
整形外科では、骨折に対する手術のほか、骨折手術時に挿入した固定具を除去する手術も多く実施しています。

内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 58 0.93 4 0.00% 68.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 0.54 14.85 69.23% 80.38
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 49.90 33.30 50.00% 86.80
K654 内視鏡的消化管止血術 10 1.20 15.90 0.00% 73.60
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
外科、内科の医師が内視鏡を担当しており、それぞれの診療科で多くの内視鏡手術を実施しています。
内科では、ポリープ切除のほか、食事の摂取が困難な方に行う胃瘻造設術などを実施しています。

脳外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 21 10.14 22.90 28.57% 82.81
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 11 0.27 29.00 9.09% 78.91
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K6101 動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈)
脳神経外科では、水頭症に対する手術のほか、慢性硬膜下血腫に対する手術も実施しています。

その他

DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群(DIC) 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.51
異なる
10件未満の数値については、規定により「–」(ハイフン)で表記しています。

更新履歴

2018/10/1
2018年度藤﨑病院指標掲載
2019/10/1
2019年度藤﨑病院指標掲載
ページトップ
03-3648-2111 お問い合わせTEL 受付時間
月〜金曜日8:00〜16:30/土曜日8:00〜12:30
お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせはこちら