理事長・院長メッセージ

理事長・院長 藤﨑 滋

藤﨑病院は、1970年に先代理事長・院長であった藤﨑 勇が当地に藤﨑外科胃腸科病院として開設したことに始まり、地域の急性期医療・救急医療を担う中核病院として歩んできました。2003年4月から、私が院長として後を引き継いでいます。

一人の医師として、かつ病院の管理者として、患者様に誠心誠意良質な医療を提供していきたいと考えています。私の専門は消化器・一般外科でありますが、専門領域に限らず、地域の患者様方の診療および健康管理に責任を持って、あたっています。

外科、整形外科、脳神経外科、内科の各科診療体制に関しては、急性期疾患に即応し、常勤医師を中心とした“専門性の高い”かつ“小回りの利く、かゆいところに手が届く”医療をめざしています。また、画像診断は放射線科医師および各科専門の医師による読影を徹底、手術治療については、各科専門医師による執刀に加え、麻酔科医師を配備し、さらに迅速な病理診断の体制を整え、安心して診断・治療が受けられる体制を堅持します。

患者様にとって、より適切で精緻な治療計画の策定と実践を推進していきたいと思います。同時に、泌尿器、循環器、肝臓、糖尿病、乳腺の疾患については、専門の医師による診療体制をさらに充実させていく所存です。

略歴

1980年 開成高等学校卒業
1987年 防衛医科大学校卒業
医師国家試験合格
1991年 日本大学大学院修了(医学博士)
1992年~1994年 米国ピッツバーグ大学外科(肝移植、小腸移植)
1994年~1995年 国立がんセンター中央病院 肝胆膵外科
1996年 日本大学医学部第1外科 助手
2000年 日本大学医学部第1外科 講師
2003年 医療法人社団 藤﨑病院 理事長・院長
日本大学医学部第1外科 兼任講師
2004年 日本大学医学部消化器外科 兼任講師
2012年 日本大学医学部消化器外科 臨床准教授
2019年 日本大学医学部消化器外科 客員教授

専門

消化器・一般外科(特に消化器がん、肝胆膵外科、胃・大腸外科、内視鏡外科)
消化器病
肝臓病(肝がん、門脈圧亢進症)

資格

  • 日本外科学会 指導医、外科専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会 指導医、消化器外科専門医、認定医、消化器がん外科治療認定医
  • 日本肝胆膵外科学会認定 肝胆膵外科高度技能名誉指導医
  • 日本消化器病学会 指導医、消化器病専門医
  • 日本肝臓学会 肝臓専門医
  • 日本大腸肛門病学会 指導医、大腸肛門病専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本乳癌学会 認定医
  • 日本腹部救急医学会 腹部救急教育医、認定医
  • 日本膵臓学会 指導医

学会評議員

  • 日本消化器外科学会 評議員 (2004年~2015年)
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本腹部救急医学会 評議員
  • 日本外科系連合学会 評議員
  • 日本大腸肛門病学会 評議員(2017年~2019年)

受賞

1997年6月 第4回アジア肝胆膵外科学会(東京) Investigator Award受賞
2003年9月 第8回国際小腸移植シンポジウム(マイアミ) 銅賞(Research Paper)受賞
2013年3月 第49回日本腹部救急医学会 平成25年度奨励賞 受賞

科学研究費 採択

科学研究費 研究代表者 1999-2000年度 奨励研究(A)
科学研究費 研究代表者 2001-2002年度 基盤研究(C)
科学研究費 研究代表者 2003-2004年度 基盤研究(C)

代表著書

「Frontiers of mucosal immunology」(共著)1991年
「Transplantation Tolerance Induction」(共著)1995年
「肝臓外科の要点と盲点」 (共著)文光堂、1998年
「肝臓外科の要点と盲点」第2版 (共著)文光堂、2006年
「診療ガイドラインに沿った肝癌治療の要点と盲点」(共著)文光堂、2013年

代表論文

  • 『Fujisaki S.,Murase N,Demetris AJ,Tsamandas AC,Tanabe M,Todo S, Starzl TE:Histopathologic changes of antibody-mediated small bowel graft rejection in blood-transfused recipients. Transplant Proc 28(5): 2484, 1996』
  • 『Fujisaki S,Takayama T,Shimada K,Yamamoto J,Kosuge T,Yamasaki S,Tobisu K,Kurosu Y,Makuuchi M:Hepatectomy for metastatic renal cell carcinoma, Hepato-gastroenterology; 44:817-819,1997』
  • 『Fujisaki S, Miyake H,Amano S,Nakayama H,Oida T, Takizawa H: Expression of CD44 in rat liver allografts during rejection. Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery:196-199,1998』
  • 『Fujisaki S,Nezu T,Miyake H,Oida T,Tomita R,Amano S,Fukuzawa M: Laparoscopic treatment for common bile duct stones by transcystic papilla balloon dilatation technique,Surgical Endoscopy 13(8): 824-826,1999』
  • 『Fujisaki S,Miyake H,Amano S,Nakayama H,Tomita R,Fukuzawa M: Influence of the extent of hepatectomy on the portal hypertensive state in patients with hepatoma. Hepato-gastroenterology 46: 2490-2494,1999』
  • 『 Fujisaki S,Tomita R,NezuT,Kimizuka K,Park E,Fukuzawa M: Prognostic studies on gastric cancer with concomitant liver metastases,Hepatogastroenterology 48:892-894,2001』
  • 『Fujisaki S,Saitoh Y,Tomita R,Fukuzawa M: Laparoscopic extended cholecystectomy,Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques 11:4, pp219-222,2001 』
  • 『Fujisaki S,Tomita R,Fukuzawa M: Utility of mobilization of the right colon and root of the mesentery for avoiding vein grafting during reconstruction of the portal vein,Journal of the American College of Surgeons 193: (5), 576-578,2001』
  • 『 Fujisaki S,Tomita R,Koshinaga T,Fukuzawa M:Analysis of pancreaticobiliary ductal union based on intraoperative cholangiography in patients undergoing laparoscopic cholecystectomy. Scandinavian Journal of Gastroenterology 37(8): 956-959,2002』
  • 『Fujisaki S, Park YJ, Kimizuka Y, Inoue M, Tomita R, Fukuzawa M, Matsumoto K: Expression of mucosal addressin cell adhesion molecule-1 (MAdCAM-1) during small-bowel graft rejection in rats. Scandinavian Journal of Gastroenterology 38(4), 437-442, 2003』
ページトップ
03-3648-2111 お問い合わせTEL 受付時間
月〜金曜日8:00〜16:30/土曜日8:00〜12:30
お問い合わせフォーム メールでのお問い合わせはこちら